事業概要

古紙仕込み(パルパー)工程

写真:古紙仕込み(パルパー)の様子 原料古紙を品種別に計量配合し、再生工程に仕込みます。

またこの仕込作業では、禁忌品の選別除去を行うなど
再生パルプの品質にこだわった処理
をしています。

また牛乳パックや機密書類は、さらに特別処理を行います。

ニーダによる離解・分散

写真:古紙の離散・分散工程古紙はスクリーン(篩い分け装置)などで何段も精選し、
除塵してニーダで離解します。

ニーダでは高濃度パルプ液を、繊維同士の
摩擦力を利用して均一に古紙を離解する
と同時に、
インクを細かな粒子に分散処理
します。

これはわれわれが独自に開発した古紙脱墨技術
重要な要素を構成しています。

脱インク(浮選)工程

写真:脱インク工程用フローテータ(浮遊器)フローテータ(浮選器)で
微細化したインクを気泡に吸着させ、泡と共に除去します。

この方法は用水を極度に節約した脱インク法です。
反復して古紙に含まれるインクを十分に除去するので、
無漂白でも白い再生パルプが得られます。

さらにクリーナ(遠心分離機)で微細異物を除去し、
最後に水洗してクリーンな再生パルプが仕上がります。

再生紙の生産(抄造工程)

写真:再生・抄造用マシン当社では再生パルプの抄造に適した高速マシンを
早期に開発導入
しました。
これにより再生紙の高品質、高生産性を実現しています。

また均一で緻密なクレーピング(縮緬仕上)
再生紙を一層やわらかく肌触りのよい製品に仕上げます。

古紙リサイクル商品についての詳細はこちらです。

自動加工システム

作業の能率化、省力化は今日の製造業に強く求められる重要な側面です。
当社ではトイレットペーパーの生産に必要な、自動生産設備を独自に技術開発してきました。

多様なニーズに応える多様な商品を、コンピュータを駆使した生産設備で対応しています。
生産設備開発により、プリント商品、長尺商品、芯ナシ商品、業務用商品などの生産が可能となっています。

工場排水処理

瀬戸内海のきびしい水質基準のもとで、早くから排水処理技術に独自に取り組んで来ました。
排水処理は全自動管理し、濁度、COD(化学的酸素要求量)、全窒素、全燐の排出量を連続的に自動計測して、安定した高水準の排水水質を継続的に維持しています。

泉製紙では、社員ひとりひとりが
誠実な物作りの心意気を持って仕事にのぞむ社風を育てています。

★泉製紙では常によりよい商品づくりを心がけ、新たな取り組みを重要と考えています。
[ 当社の製造・販売商品については、別項「商品案内」の項目をご覧下さい。 ]

★また、当社では「製品作り」において品質は物作りの心意気と考え、誠実にモノ作りに取り組みます。
[ 
当社の製造・販売方針については、別項「経営指針書」の項目をご覧下さい。 ]